三鷹周辺の廃線 〜武蔵野競技場支線 その2〜


その1からの続きです。


グリーンパーク遊歩道と名を変えても緑豊かな遊歩道が続きます。


工場引込み線を解説した案内板。
武蔵野競技場線が元々は中島飛行機専用線だったことをこの時に知りました。
中島飛行機専用線時代は武蔵境駅から分岐していたのですね。


右の遊歩道は武蔵野競技場線。
左の遊歩道は中島飛行機専用線


中島飛行機への専用線。遊歩道は直ぐに終わってしまう。
奥の木々は武蔵野中央公園。
専用線は真っ直ぐ続き、千川上水で大きく方向を変えていました。
この専用線は名残が消失しているだろうと推察、今回は探索していません。


武蔵野競技場線へ戻ります。
奥の白いクルマの向こう側が武蔵野中央公園。


中島飛行機の工場は戦後、米軍に接収されていました。
返還後に武蔵野中央公園として整備されました。


公園と民家に間には怪しい空白地帯がある。
ここが武蔵野競技場線の跡地?


武蔵野競技場前駅があったと思われる場所。
営団地の真ん中で名残は全く無い。


団地内にカーブを描く道路があります。
これは野球場に沿って造られた道路です。


武蔵野競技場線 お終い




武蔵野競技場線の地図。
今回は赤い線(武蔵野競技場線)及び灰色(中島飛行機専用線)の部分を記事にしました。
武蔵野中央公園、武蔵野北高校、NTT工場、武蔵野市役所など
一帯が中島飛行機の工場でした。