三鷹周辺の廃線 〜武蔵野競技場支線 その1〜

中央線の三鷹駅から武蔵野競技場前駅へ至る支線が存在していました。
1951年に開業、1959年(1959年以前から放棄状態)に廃止された短命の路線です。

今回はこの線路跡を三鷹駅から歩いてみることにしました。
探索日:2012年10月31日


中央線から分かれる場所。
堀合児童公園が線路のあった場所です。


公園内。
緩やかなカーブを描いているのが分かります。


公園から始まる堀合遊歩道。


「工」の境界標が線路跡の証。


木々に囲まれた遊歩道。
左側では新しい道路工事が真っ盛り。
武蔵境通りの延伸工事のようです。


視点を変えれば畑があります。
線路があった当初は一面田畑が広がっていたのでしょうね。


右側が遊歩道。
遊歩道の一部敷地を道路用地に提供。


玉川上水に掛かる橋。
橋台は何と廃線の物を再利用。
この橋台が武蔵野競技場線唯一の遺構です。


橋にはレールがあります。
現役時のレールではないはず。


玉川上水を渡ると三鷹市から武蔵野市へ変わります。
遊歩道は画像右側の並木。道路と一緒に工事中。

左側は境浄水場
武蔵境駅から浄水場への専用線がありました。
この専用線も一緒に記事にします。


グリーンパーク遊歩道と名前が変わったところで「その1」はお終い。


続く



武蔵野競技場線の地図。
今回は青い線の部分を記事にしました。