静岡旅行 〜その9〜

その8からの続きです。


千頭から井川線に乗換えて終点の井川を目指します。
井川線は全長25km。所要時間は千頭から井川まで何と2時間近く掛かります。
実はSL列車以上に井川線に乗ることが楽しみだったのです。
果たしてどんな景色を見せてくれるのでしょうか。


車体が小さければ当然車内も狭い。
座席は1人+2人のボックスシート
車間の通路は無い。

窓を開けることができるので十二分に景色を堪能できそうです。


千頭駅を発車した井川線の列車。
しばらくすれば山の中を右へ左へ急カーブの連続。
フランジの擦れる音が響きます。


井川線はトンネルが多い。
全線の3分の1がトンネル又は橋梁で構成されています。


大井川沿いにゆったり進みます。


千頭駅からおよそ1時間。
アプトいちしろ駅に到着。


アプトいちしろ駅から長島ダム駅区間は90‰の急勾配。
この勾配を超える為、アプト式を採用。これは日本で唯一です。
この区間のみ電化されていてアプト区間専用の機関車を連結します。


引き上げ線にいたED90が入線。
この機関車にも目があります。
「アプトくん」というそうな。


係員の誘導により連結。


車体規格の違いが際立つ…


アプト式のイラスト。


実際はこんな感じ。
台車の中央に歯車が3枚あり、レール間のラックレールと噛み合っています。


機関車連結され間もなく発車…


次回は井川へ。