日野市の用水路を歩く002 〜豊田用水その2〜

豊田用水 その1からの続きです。


その1で終わった東豊田公園より始まります。


豊田用水に架かる凝った意匠の橋。
小さな用水路にレンガの橋が掛かっているとは思いもしませんでした。


東豊田に来ると駅から離れている所為か田畑が少しずつ目に付きます。
その昔は水路の流れる周辺に田畑が広がっていたのでしょうね。
そして画像の奥に見える雑木林の外輪を沿うように豊田用水は流れます。


その雑木林の袂に来ました。
丘陵の傾斜地に木々が迫り、緑道が整備されています。
ここまでは平地を流れてきたのでここだけ雰囲気が違います。

地図で見るとここだけ傾斜地を避けるようにクランクしているのが分かります。


再び平地を流れる豊田用水。


豊田用水が生活に使われていたことを示す施設。
洗い場?水汲み場?適当な名前が浮かびません。


火の見櫓が登場。
家の密度も下がってきて田舎の風情。


ここにも洗い場。


大きく開いた間口から水が流れ込んでいる。
ここで黒川用水と呼ばれる用水路と合流。


黒川用水と合流し水量がより豊かになった豊田用水。


住宅地の合間を抜けると豊田用水は唐突に終了。
水路のT字路になっていて本流は上田用水でさらにその先へ流れます。


豊田用水としては今回で終了です。
平山橋から上田用水合流点までおよそ3kmでした。

なお、用水路の合流、分岐箇所が幾つかありますが今回は一部省略しました。
大半が無名水路で、これらについては改めて記事にします。


豊田用水 お終い


青い線:豊田用水
黄色点:「その2」のスタート地点  青点:「その2」のゴール(豊田用水終点)