まち歩き_西日暮里から王子

f:id:knowledge_kura:20210619205745j:plain

α7CにIndustar-61 L/Z 50mm f2.8を付けて西日暮里から王子へ向けてまち歩き。

 

 

f:id:knowledge_kura:20210619205749j:plain

京浜東北線宇都宮線の間にある路地を進むと、田端操車場を跨ぎます。これから歩く辺りは京浜東北線とと宇都宮線、田端運転所や尾久車両センターに囲まれたエリア。街なかにちょっとした鉄分を見つける思惑もあります。

 

f:id:knowledge_kura:20210619205753j:plain

宇都宮線と並行して掛かる橋。1950年頃には既に完成していたようです。

 

f:id:knowledge_kura:20210619205757j:plain

線路を跨いだら地平へと続く道路。この地平へ下りる築堤も1950年頃から存在しているようです。

 

f:id:knowledge_kura:20210619205802j:plain

f:id:knowledge_kura:20210619205806j:plain

築堤区間のガードレールは支柱が角柱のタイプでした。おそらく角柱は古い規格ではないかと思われます。

 

f:id:knowledge_kura:20210619205810j:plain

線路から離れて住宅地で見つけたあじさい。

 

 

f:id:knowledge_kura:20210619205814j:plain

小さな神社もありました。

 

f:id:knowledge_kura:20210619205818j:plain

公園に輪軸が。

 

f:id:knowledge_kura:20210619205827j:plain

f:id:knowledge_kura:20210619205822j:plain

東田端公園のモニュメントとして設置されている輪軸。案内板によると、輪軸の出自は京浜東北線東北本線の旧車両と記されております。

モニュメントが平成18年3月に竣工でその当時の京浜東北線東北本線の旧車両ということは、103系115系だろうか。手持ちの2005(平成17)年度の廃車を見ると、115系は小山区で発生しておりまさに東北本線の旧車両、103系は京葉区等で発生しており、出物はあったように思われます。ただ、「京浜東北線の旧車両」については、竣工のはるか前である1998年に103系の運行が終了しており、案内看板そのものズバリではないものの、京浜東北線の旧車両と同形式である他路線の103系の輪軸を置いたとも解釈できますが…輪軸の雰囲気から、ギヤが付いていない且つブレーキディスクも付いていない輪軸のように見受けられ、これに該当するのは103系のT軸になりますが、果たして?

 

f:id:knowledge_kura:20210619205831j:plain

別の場所には入換信号機のモニュメントが。

 

f:id:knowledge_kura:20210619205835j:plain

尾久車両センターからの出物でしょうか。

 

f:id:knowledge_kura:20210619205840j:plain

ベンチにはレールが用いられておりました。

当初の目論見でもあった街なかの鉄分を見つけられて満足しました。

 

f:id:knowledge_kura:20210619205844j:plain

入換信号機のモニュメントの至近にある踏切から尾久車両センターを撮影。構内が広がる始端部に当たる場所でした。

 

f:id:knowledge_kura:20210619205849j:plain

f:id:knowledge_kura:20210619205853j:plain

車庫ではDE10やキヤE195系が留置されていました。

 

f:id:knowledge_kura:20210619205858j:plain

そして、この界隈は軌道系の協力会社が軒を並べております。

 

f:id:knowledge_kura:20210619205902j:plain

住宅地をめぐり、

 

f:id:knowledge_kura:20210619205906j:plain

小さな駅を見つけ、

 

f:id:knowledge_kura:20210619205912j:plain

f:id:knowledge_kura:20210619205916j:plain

尾久車両センターではカシオペアブルートレインがいました。

 

f:id:knowledge_kura:20210619205921j:plain

踏切から尾久車両センターを撮影。留置線が徐々に収束する場所でもあります。

 

f:id:knowledge_kura:20210619205926j:plain

更に北上すると都電荒川線の線路に出ました。

 

f:id:knowledge_kura:20210619205930j:plain

f:id:knowledge_kura:20210619205933j:plain

王子駅に到着。

 


撮影日:2021年5月29日

f:id:knowledge_kura:20210619205938j:plain

今回のコース。約4.6km、2時間弱のまち歩きでした。

 

花菖蒲

f:id:knowledge_kura:20210612203646j:plain

堀切菖蒲園の花菖蒲を見てきました。

 

f:id:knowledge_kura:20210612203627j:plain

堀切菖蒲園葛飾区が運営する庭園。無料で入園できます。画像の御利用案内の書体は「国鉄っぽいフォント」を使用しているように見受けられます。

 

f:id:knowledge_kura:20210612203623j:plain

f:id:knowledge_kura:20210612203650j:plain

f:id:knowledge_kura:20210612203618j:plain

f:id:knowledge_kura:20210612203608j:plain

f:id:knowledge_kura:20210612203612j:plain

花の形によって江戸系や肥後系、伊勢系に分けられ、これに色、模様が組み合わさり、多種多様な品種が植えられております。

 

f:id:knowledge_kura:20210612203636j:plain

Industar-61 L/Z 50mm f2.8というソ連製のレンズに変えて撮影。オールドレンズとされておりますが、私のは1989年製の新しいとも古いとも言い難い経年のレンズ。

 

f:id:knowledge_kura:20210612203632j:plain

f:id:knowledge_kura:20210612203642j:plain

約30年前のレンズといえど、30cmまで寄れる性能でこの描画。ミラーレス一眼カメラで撮影しているので、デジタルなかっちりした写りになりがちな点を差し引いてもシャープな写りなのではと思います。

 

撮影日:2021年6月5日

*いずれの画像も撮って出しのjpgをリサイズしたものです。

210605_別館更新

6月5日23時00分頃に別館を更新しました。


前回更新時から動きのあった事象(新製や廃車など)を反映いたしました。

 

その他の内容については、各編成表ページ最下部の更新履歴に記載しておりますので、ご参照ください。

 

formation.g1.xrea.com

 

今回もメールフォームより情報提供をいただきました。
ご協力ありがとうございました。