まち歩き_住吉から人形町

今回はブログをサボっている間に歩いた時のこと。α7CにMir-1B(ミール1B) 37mm F2.8の組合わせ。

 

(撮影日:2021年4月10日)

f:id:knowledge_kura:20210515212637j:plain

スタートは住吉駅。狭い歩道で37mmレンズの制約もあり、駅の出入口が画角に収まりませんでした。

さて、普段は地形の変化を楽しむべくあえて凸凹した界隈を歩きますが、今回は全くの平地。いつもの階段や坂は期待できませんが、果たして?

 

f:id:knowledge_kura:20210515212644j:plain

整った区画の住宅地をウロウロ…スカイツリーが見えました。

 

f:id:knowledge_kura:20210515212648j:plain

古くからの住宅地ということもあり、街角には小さな社がありました。

 

f:id:knowledge_kura:20210515212652j:plain

f:id:knowledge_kura:20210515212656j:plain

とある酒屋で見つけた都電の案内看板。このようなものを見つけるとは全く思ってもいなかったので、びっくりしちゃいました。

さて、行先は「錦糸町駅」と記され、朝夕は6分間隔、日中は判然としませんが、僅かに残った字形から8分間隔と思われます。

それ以上の情報はなく、以下は私の想像となりますが、都電廃止の最末期まで運行され、この近くを走っていた28系統(都庁前~錦糸町駅)の電停から持ってきたものではないかと思われます。

 

f:id:knowledge_kura:20210515212700j:plain

新扇橋は意外と見どころが多かったです。

 

f:id:knowledge_kura:20210515212705j:plain

新扇橋から都心方向を撮影。真下は小名木川が流れ、少し先で大横川は横切っております。いずれも人工的に作られた運河。

 

f:id:knowledge_kura:20210515212713j:plain

反対側は扇橋閘門と呼ばれる施設があります。水門の向こう側の地域は低地帯となっているため、水位を下げることで水害防止を図る一方、船を通すためには水位の差を補正する必要があるので、閘門を設けることとなったそうな。

 

f:id:knowledge_kura:20210515212709j:plain

新扇橋の袂には民営機械製粉業発祥の地の碑があります。現在の株式会社ニップンの前身にあたる泰靖社の工場があった場所のようです。

f:id:knowledge_kura:20210515212717j:plain

大横川の両岸は桜並木。満開の時はさぞかし良い景色かと思われ。

 

f:id:knowledge_kura:20210515212721j:plain

引き続き、下町の住宅地をウロウロ。路上に並ぶ植木鉢が下町らしい光景なり。

 

f:id:knowledge_kura:20210515212725j:plain

なにやら妙なモニュメントを見つけました。

 

f:id:knowledge_kura:20210515212730j:plain

銘板によると、松永橋の部材に残る弾痕を後世に伝えるものとのこと。

 

f:id:knowledge_kura:20210515212734j:plain

部材に残る弾痕。

f:id:knowledge_kura:20210515212738j:plain

現在の松永橋。

 

f:id:knowledge_kura:20210515212742j:plain

しばし歩くと隅田川に到達しました。

 

f:id:knowledge_kura:20210515212751j:plain

f:id:knowledge_kura:20210515212747j:plain

堤防にはこんな表記が。

 

f:id:knowledge_kura:20210515212801j:plain

f:id:knowledge_kura:20210515212756j:plain

隅田川大橋を渡ります。上段に首都高、下段に都道が通り、一体となった珍しい橋。

 

f:id:knowledge_kura:20210515212805j:plain

写真界隈では有名な箱崎ジャンクション。37mmでは収まりませんでした。

近くに水天宮前駅がありますが、もう少しだけ歩きます。

 

f:id:knowledge_kura:20210515212808j:plain

その水天宮前駅の開業前の仮称は蛎殻町でした。

f:id:knowledge_kura:20210515212812j:plain

蛎殻町を抜けると人形町に到着。

 

f:id:knowledge_kura:20210515212817j:plain

今回のコース。約5.9km、2時間弱のまち歩きでした。







 

 

 

まち歩き_千駄木から巣鴨

すっかりブログのサボりぐせがついてしまいました。重い腰を上げて久しぶりに記事を投稿。

 

今回の記事は今日歩いた千駄木駅から巣鴨駅へのまち歩き。α7CにFlektogon(フレクトゴン)20mm F4.0の組み合わせて写真を撮りつつ歩きました。

  

(撮影日:2021年5月9日)

f:id:knowledge_kura:20210509190931j:plain

千代田線の千駄木駅からスタート。

 

f:id:knowledge_kura:20210509190935j:plain

路地へ入ると、奥に新緑が。

 

f:id:knowledge_kura:20210509190747j:plain

f:id:knowledge_kura:20210509190751j:plain

新緑の正体は須藤公園。木々が茂る場所は崖、その崖下からは往々にして湧水がある訳でして、園内には池があります。その池にはこの時期(過ぎてますが、)らしく鯉のぼりが。

 

f:id:knowledge_kura:20210509190754j:plain

f:id:knowledge_kura:20210509190758j:plain

その須藤公園の隣にある坂。Googleマップによるとアトリエ坂と記されておりましたが、それを示すような標は見当たらず。

 

f:id:knowledge_kura:20210509190803j:plain

坂を上り、高台側へ。分譲地なのか、整った地割りが印象的でした。

 

f:id:knowledge_kura:20210509190808j:plain

f:id:knowledge_kura:20210509190814j:plain

私道のような路地。文京区の街灯が建っていたので、区道ではないかと思われます。

 

f:id:knowledge_kura:20210509190819j:plain

この路地の途中には…

 

f:id:knowledge_kura:20210509190825j:plain

f:id:knowledge_kura:20210509190830j:plain

階段。

 

f:id:knowledge_kura:20210509190835j:plain

駒込病院の裏手に来ました。

f:id:knowledge_kura:20210509190839j:plain

病院の敷地内ながら歩行者が通り抜けできる通路があります。

 

f:id:knowledge_kura:20210509190848j:plain

f:id:knowledge_kura:20210509190844j:plain

この通路にあるカーブミラーは都立駒込病院が設置者。病院の敷地内なので当たり前ではありますが、道路管理者(国交省自治体)ではない設置者はちょっと珍しいかと。

 

f:id:knowledge_kura:20210509190853j:plain

本郷通りを越えて階段を下り…

 

f:id:knowledge_kura:20210509190857j:plain

電柱に文京区オリジナルと思われる自動車通り抜け不可の標識。足が自然とそっちへ向く訳でして。

 

f:id:knowledge_kura:20210509190901j:plain

確かに狭い路地でした。広角20mmで撮影しているので広く見えますが、確かに通り抜けるのは難しそう。

 

f:id:knowledge_kura:20210509190907j:plain

文京グリーンコートの公開空地を通り抜けると…

 

f:id:knowledge_kura:20210509190911j:plain

六義園の脇に出ました。

 

f:id:knowledge_kura:20210509190915j:plain

整った地割り、かつての大名庭園である六義園があることから武家屋敷があった界隈かと歩きながら思ったり。帰宅後、調べると武家屋敷跡地に大和郷(むら)と呼ばれる住宅地が造成されたそうな。

 

f:id:knowledge_kura:20210509190920j:plain

巣鴨駅に到着。

  

f:id:knowledge_kura:20210509190926j:plain

今回のコース。距離にして約3.7km、90分弱のまち歩きでした。

210501_別館更新

5月1日22時00分頃に別館を更新しました。


前回更新時から動きのあった事象(新製や廃車など)を反映いたしました。

 

その他の内容については、各編成表ページ最下部の更新履歴に記載しておりますので、ご参照ください。

 

formation.g1.xrea.com

 

今回もメールフォームより情報提供をいただきました。
ご協力ありがとうございました。

 

以上